【感想考察】あの夏のルカ

視聴方法

Disney+で追加料金無し(ソウルフルワールドと同様)

月額:770円(税込み)

初月無料

ディズニー&ピクサー最新作「あの夏のルカ」|映画|ディズニープラス公式

あらすじ

平穏な<海の世界>に暮らすシー・モンスターの少年ルカは、海底に沈んでいる“人間のモノ”に興味津々で、見たことのない世界への憧れは募るばかり。 人間の世界を知るシー・モンスターのアルベルトと出会った彼は、ついに海の掟を破り、2人でポルトロッソの町に足を踏み入れる。 身体が乾くと人間の姿になる性質を持つ彼らは、どこからみても普通の少年だが、少しでも水に濡れると元の姿に…この“秘密”を人間に知られる恐怖を抱きながらも、ルカは目の前に広がる新しい世界に魅了されていく。もっと知りたい。この世界のすべてを── だが、ルカとアルベルトの無邪気な冒険はやがて、海と陸とに分断されてきた2つの世界に大事件を巻き起こす。果たして、ルカの禁断の憧れが生んだ<ひと夏の奇跡>とは、何か…?

感想

シー・モンスターの世界観が説明不足

前提

96分の映画で全部を説明するのは不可能

  • 平和に暮らしてるのはなんとなくわかったけどルカは水中で何をしてたのかが全く説明無し(知能の無い魚たちを連れて餌を与えてた?)
  • ルカの家庭内ではおかんが水中原理主義、おとんは中立、おばあちゃん(母方)は地上もいいんちゃう的な感じなのは描かれてるけど、シー・モンスター界全体の世論は描かれず…
  • 魚は友達!と思いきや地上に馴染むために魚たちを犠牲に…
  • 陸に上がると人間に変身するのも説明無し(おかんとおとん初めて陸に上がるのに普通に歩いてたんは何故…?)

溢れ出るジブリ感

前提

あんまりジブリの映画観たことないw

  • 居候先で飼ってるネコがかわいい
  • ジブリ飯にも負けへんくらい美味しそうなパスタ(トレネッテ・アル・ペスト)
  • カサローザ監督は宮崎駿監督の大ファンで、「紅の豚」の主人公ポルコ・ロッソにあやかってこの映画の町の名前を「ポルトロッソ」にしたらしい(下記の記事を参照)

『あの夏のルカ』に色濃い日本のアニメの影響!今までにないピクサー映画に|シネマトゥデイ

笑えるシーンは結構多め

  • ルカを探しに地上に来たおかんが子どもたちを噴水に突き落としていく
  • 序盤に出てきた深海魚(チョウチンアンコウ)のおじさんの伏線回収

考察

隠されたテーマはLGBTQ+?

★前提:カサローザ監督はこの映画に恋愛要素はないと明言しています。

We were quite aware that we wanted to talk about that time in life before boyfriends and girlfriends. So there's an innocence and a focus on the friendship side. I feel like the story would be a little different in that it's slightly more complicated when romance comes in.

意訳

私達は彼氏や彼女と言い出す前の人生について描きたかったんです。無邪気さや友情といった面で。恋愛要素を加えてしまったら物語はちょっと複雑で違ったものになっていたでしょう。

  • 予告編が出た時に「君の名前で僕を呼んで」との類似点が話題に(イタリア・ひと夏の思い出・カット割りなど)
  • 地上に上がればぱっと見普通の人間と変わらないシー・モンスターのルカとアルベルトは、人間にバレへんように自分たちを偽らないといけない = LGBTQ+の人たちが抱えている問題
  • ルカとアルベルトが喧嘩した時にアルベルトが2人の秘密をルカの同意なく明かそうとした、重ねてルカが何かを隠してると悟ったジュリアが水をぶっかけてルカの秘密を暴いた = アウティング問題
  • 物語後半でルカのおばあちゃんが言った言葉

Some people, they'll never accept him. But some will. And he seems to know how to find the good ones.

意訳

受け入れてくれない人もいるだろう、でも受け入れてくれる人も確かにいる。それにルカはもういい人の見つけ方がわかってるんじゃないかな?

  • 物語序盤から登場してた2人のおばさんたちが、実は人間のふりをして町で生活してたシー・モンスターだったと最後に判明 = 気づいてないだけで実は周りにも存在してる

LGBTQ+だけじゃなくすべての人たちへ

  • カサローザ監督はインタビューでこうも語っています。

"We thought a lot about having to "show your sea monster" as embracing your own difference, and as a metaphor for anything... We love that the idea that isn't too specific, but it's hopefully universal, because you can apply your own prism."

意訳

私達は「他との違いを受け入れて自分を大切にする」という意味で「自分のシー・モンスターを見せる」ということをたくさん考えました。それは他の何にでも当てはまります。そういった特定しすぎない、でもみんなに当てはまる、それぞれが自分自身を投影出来る考え方はすごく好きです。

まとめ

ピクサー作品の中で最高!とまではいかなくても十分に楽しめる作品

個人的にはもうちょっとシー・モンスターの世界観を掘り下げてほしかった

点数をつけるとしたら76点で★★★★☆

最後に

2022年にはターニング・レッド(邦題未定)とライトイヤー(邦題未定)が公開予定

みんなの一番好きなピクサー映画をコメントしてね

他の映画やドラマでも感想・考察動画も作ろうと思ってるのでお楽しみに!

高評価・チャンネル登録もお願いします!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事